Shadow

マイクロソフト、6 月 24 日に Windows 10 の後継製品を間もなく発表

最近、マイクロソフトが次世代の Windows オペレーティング システムに取り組んでいることを示す報告を Microsoft から受け取りました。

また、同社は 6 月 24 日午前 11 時 (東部標準時間) に開催される特別イベントのプレス招待状を出しました。

この招待状には、実際には「Windows の次に来るものを見つけよう」というタグラインが含まれています。また、Windows用の新ロゴと思われるロゴも入っています。ただし、同社がストアに何を含めるかはまだ明確ではありませんが、おそらくそれは、サンバレーの今後のアップデートに関連する新しい情報である可能性があります。

Satya Nadella が以前に述べたレポートでは、Microsoft が次世代の Windows オペレーティング システムに取り組んでおり、新しい丸みを帯びたコーナー、新しいスタート メニュー、その他の外観上の変更も含まれていることをすべて確認しました。

Nadella は実際にカンファレンスで次のように語っています。必要なハードウェアを選択でき、Linux と Windows を 1 つとして動作し、最新のターミナルを備えています。そしてまもなく、過去 10 年間で Windows に加えられた最も重要な更新の 1 つを共有し、開発者と作成者により大きな経済的機会をもたらします。」

これらすべてのレポートに基づいて、Sun Valley の新しい機能は、6 月下旬または 7 月上旬に Windows Insider にリリースされることが示唆されています。同社でさえ、次世代の Windows のプレビュー ビルドを自己ホストし始めました。

新しく来るサンバレーのアップデートは、今年の10月か11月に一般の人々のチャンネルにヒットする予定であり、ユーザーにとってはオプションのアップデートになるだろう.これは、ユーザーが新しい機能に切り替えたくない場合は、この更新をスキップすることもできることを示しています。