Shadow

マイクロソフトは、BSODを引き起こすWPA3WI-FI問題の緊急パッチをリリースします

Windows 10は、BSODクラッシュを引き起こすWPAWi-Fiネットワークの問題に対処するための帯域外更新を受け取りました。

MicrosoftのWindowsメッセージセンターによって投稿されたサポートの問題によると、Windows10バージョン1909およびWindowsServerバージョン1909のシステムでバグが見つかりました。

2021年1月のKB4598298をシステムにインストールしているユーザーと、今週のパッチ火曜日の累積アップデートKB4601315をインストールしているユーザーは、WPA3WI-FIネットワークに接続しようとするとBSODクラッシュが発生することを報告しました。

マイクロソフトはこの問題を認識し、それを修正するための緊急アップデートをリリースしました。彼らは本日、「Wi-Fi Protected Access 3(WPA3)接続を使用しようとすると、ブルースクリーンでnwifi.sysに停止エラー0x7Eが表示される可能性がある」と開示しました。

「切断後にWi-Fiネットワークに再接続するとき、またはスリープや休止状態から復帰するときに、この問題が発生する可能性が高くなります。注ほとんどのWi-Fiネットワークは現在WPA2を使用しており、影響を受けません。」

KB5001028の帯域外更新は、MicrosoftUpdateカタログで探すことができます。また、Windows Update、WSUSからも入手できます。このOBBアップデートに加えて、同社は次の緩和手順を提供しています。

  • システムをWindows10、バージョン2004またはWindows 10、バージョン20H2に更新します。
  • WPA2を使用してWI-FIネットワークを接続します。
  • 有線イーサネット接続を介して接続します

ただし、これらの緩和策は特定のユーザーにとっては望ましくありません。緊急のWindows10アップデートをインストールするのが最善です。 Microsoftは、「これは累積的な更新であるため、インストールする前に以前の更新を適用する必要はなく、Windows10バージョン1909の以前のすべての更新に優先します」と書いています。