Shadow

マイクロソフトは、KB5000802によって引き起こされたBSODを修正するためにKB5001567累積アップデートをリリースします

マイクロソフトは本日、Windowsバージョン20H2、2004用の帯域外更新KB5001567をリリースし、KB5000802に更新するときにユーザーが遭遇する以前のBSODエラーを修正しました。

Windows 10バージョン1909および1903のユーザーの場合、KB5001566アップデートで同じ修正が提供されます。

その他の修正には、ユーザーが一部のアプリを使用して特定のプリンターに印刷しようとしたときに検出されたBSODまたはブルースクリーンの問題が含まれます。

この累積的な更新プログラムをダウンロードするには、Windows Updateに移動し、更新プログラムを確認してください。同じようにアプローチする別の方法は、Microsoftが提供するCABファイルまたはMSUファイルをダウンロードして手動でインストールすることです。

 CABファイルをダウンロード/インストールする手順:

  • 累積的な更新に従って、OSアーキテクチャに応じて、CABファイルx86 / x64をダウンロードします。
  • ダウンロードしたファイルの名前をKBnumber.сab、インスタンスKB50001567.cabに変更します。
  • これをC:\にコピーします
  • 次に、[Windowsの実行]を開き、コマンドDISM.exe / Online / Add-Package / PackagePath:c:\ KBnumber.cabを入力します。
  • CUCABファイルがインストールされます。
  • PCを手動で再起動しない場合、インストールプロセスが完了した後に自動再起動が実行されます。

MSUファイルをダウンロード/インストールする手順:

  • Microsoftカタログから累積更新用のMSUファイルをダウンロードします(カタログで累積更新を検索し、必要なX64 / 32バージョンのダウンロードをクリックします)。
  • 新しいページのリンクをクリックすると、ダウンロードが実行されます。
  • ダウンロードが終了したら、ダウンロードしたファイルを保存します。
  • 次に、ファイルを起動し、PCをこの累積的な更新に更新します。