Shadow

最新のKB4598301およびKB4598299Windows 10の更新により、VSおよびWPFがクラッシュします

 2つのWindows10累積更新プログラム、つまり今年の1月と2月にそれぞれリリースされたKB4598301とKB4598299は、ユーザーがウィンドウをドッキングまたはドラッグしたときにVisualStudioのクラッシュの問題を引き起こしていました。

問題はVisualStudioだけではありませんでした。多くのユーザーが、.NET Framework 3.5および4.8の信頼性を向上させるためにリリースされたこれらの更新プログラムが、Windows Presentation FoundationUIフラグメントのクラッシュを引き起こしていると報告しました。

良いニュースは、Microsoftが問題を認識し、修正のリリースに取り組んでいることです。同社のソフトウェアエンジニアであるJeffRobisonはそれを確認しました。

彼は、「KB4598301で根本原因を特定し、修正をリリースするよう取り組んでいます。また、KBのバグに対して無防備になるVSアップデートのリリースにも取り組んでいます。」

 また、Visual Studioの関係者は本日、サポートスレッドをリリースし、「この問題の修正は内部で実装されており、リリースの準備が整っています。ダウンロードできるようになり次第、更新します」と述べています。

ただし、ユーザーは、Robisonがこの問題の回避策をリリースするまで待つ必要はありません。回避策では、更新をアンインストールしたり、ワークフローを変更したりする必要はありません。

VSクラッシュの問題を取り除くために実行する手順は次のとおりです。

  • %InstallRoot%\ Common7 \ IDE \ devenv.exe.configおよび%LocalAppData%\ Microsoft \ VisualStudio \ 16.0_xxx \ devenv.exe.configを編集します。

次に、要素のvalue属性に以下のテキストを追加します。

  • ; Switch.System.Windows.Interop.MouseInput.OptOutOfMoveToChromedWindowFix = true; Switch.System.Windows.Interop.MouseInput.DoNotOptOutOfMoveToChromedWindowFix = true

その後、VSを再起動すると、Windowsをドラッグできるようになり、VSがクラッシュすることはありません。ただし、それでも問題が解決しない場合は、次の手順を実行する必要があります。

  • Windowsデスクトップサーチで更新履歴を検索し、Enterキーを押します。
  • 検索更新履歴の表示、
  • 新しいダイアログボックスが表示されたら、[更新のアンインストール]を選択します。
  • KB4598301およびKB4598299を選択し、[アンインストール]をクリックします。
  • この後、コンピューターを再起動します。