Shadow

身代金支払いのサポートを終了した後、ランサムウェアに見舞われたAXA保険会社

タイ、マレーシア、香港、フィリピンに拠点を置く保険大手のAXA支店は、ランサムウェア攻撃に見舞われました。

研究者によると、Avaddonランサムウェアグループは実際にリークサイトで、AXAのアジア事業から約3TBのデータを盗んだと主張しました。

また、専門家は、AXAのグローバルWebサイトに対するアクティブなDistribuetd Denial of Service(DdoS)により、しばらくの間ユーザーがアクセスできなくなっていることに気づきました。

ランサムウェアグループによると、盗まれたデータには、顧客の医療レポート、IPカード、銀行口座の明細書、請求フォーム、支払い記録、連絡先などが含まれます。

この発表は、AXAがフランスでサイバー保険契約を引き受ける際にランサムウェアの恐喝支払いのサポートを終了することを開始した1週間後に、ランサムウェアグループによって行われました。

ランサムウェアグループに見舞われたAXAのアジアオフィス

Avaddonランサムウェアグループは、アジアを拠点とするAXAのブランスを攻撃する責任を負っています。

また、タイ、香港、フィリピンを含むさまざまな場所に拠点を置くWebサイトが、アクティブなDdoS攻撃の対象となったと主張しました。

ランサムウェアグループからのこの発表は、AXAがサイバー保険ポリシーに基づく身代金支払いのサポートを終了することを発表した直後に行われました。

攻撃の実際のデータはまだ公開されていませんが、Avaddonは昨日、盗んだデータの一部をリークサイトからリークし始めました。

また、ランサムウェアグループは、ハッカーがダークウェブインターネット市場で貴重な文書を漏らした後、ランサムウェアグループと通信して協力するのに約10日かかると保険会社の巨人AXAを脅迫しました。