Shadow

Microsoftの3月の更新により、印刷時にWindows10でクラッシュする

3月にリリースされた最近のWindows10アップデートKB5000802およびKB5000808累積アップデートにより、ネットワークプリンターへの印刷中にWindows10でBSODクラッシュが発生したと報告されています。

実際、マイクロソフトは火曜日に2021年3月のパッチの一部として前述の累積的な更新をリリースしました。

また、更新プログラムがインストールされた後、多くのユーザーが、印刷によってWindows 10がクラッシュし、「APC_INDEX_MISMATCHforwin32kfull.sys」というBSODエラーが発生することを報告しています。

システム管理者がソーシャルメディアに投稿した投稿によると、Windows 10は、2021年3月の累積的な更新プログラムをインストールした直後に実際にクラッシュし始めました。

redditユーザーは、次のように投稿しました。京セラKXドライバー。 (つまり、タイプ4KXドライバーおよびその他の一般的なタイプ3/4ドライバーは問題を示しません。」

別のユーザーでさえ、「KB5000802は、私のクライアントの1つで京セラのすべての印刷を壊しました。 BSODは、2020年6月の印刷の問題と同じスタイルです。」また、彼は通常の修正を試みたが、彼の場合はすべて失敗したと述べた。

報告によると、京セラ、リコー、ダイモなどのプリンターブランドがこのエラーの影響を受けている可能性があります。

専門家によると、Microsoftは問題を調査するためにWindows Updateから更新を撤回しましたが、更新は公式WebサイトのMicrosoft UpdateCatalogで引き続き確認できます。

一部のユーザーによると、2月にリリースされたKB4601382プレビュー累積アップデートが引き続き提供されていますが、3月のアップデートは表示されていません。これは実際には、セキュリティ更新がクラッシュを引き起こしている可能性があることを示しています。

マイクロソフトは、Windows Print Spoolerの特権昇格の脆弱性を修正するために、CVE-2021-1640およびCVE-2021-26872という名前の2つのセキュリティアップデートを昨日リリースしました。

先月、マイクロソフトは実際にはセキュリティ更新プログラムを提供していませんでした。そのため、ユーザーは印刷中にクラッシュの問題を経験しませんでした。

過去について言えば、2020年6月のパッチアップデート中にバグも導入され、ユーザーが印刷できなくなっていました。問題を解決するために、Microsoftは後でWindowsユーザー向けの帯域外更新をリリースしました。

印刷時のwin32kfull.sysBSODエラーを修正するための推奨される回避策

多くのユーザーがプリンタードライバーをアップグレードして問題を解決しようとしましたが、残念ながら失敗しました。

ただし、最近の3月の更新をアンインストールすると、問題が修正され、印刷タスクが再開されると報告されています。

最近の更新後にWindows10でもBSODエラーが発生する場合は、更新をアンインストールできます。これを行うには、すべてのアプリケーションを閉じ、コマンドプロンプトを実行して、以下のコマンドを実行します。

wusa / uninstall / kb:5000802

また、ここで次のコマンドを実行して、Windows 10KB5000808累積更新プログラムをアンインストールできます。

wusa / uninstall / kb:5000808

ただし、アップデートは復活しており、Microsoftは何も変更されていないと述べています。