Shadow

Microsoft Windows 10WebView2ランタイムの自動インストール

新しい更新により、MicrosoftがWindows10にWebView2ランタイムを自動的にインストールしていることがわかりました。マシン上のこのランタイムは、実際には、MS365およびMSOfficeアプリケーションの今後のバージョンをサポートするためのものです。

WebView 2の助けを借りて、開発者はさまざまなWebコンテンツをネイティブアプリケーションに直接埋め込んでレンダリングできます。このようなWebコンテンツには、JavaScript、HTM、およびCSSコンテンツが含まれる場合があります。新しいWebView2は、技術的には新しいChromiumベースのMSEdgeブラウザに基づいています。

マイクロソフトは、今年2月に、MS365の今後のバージョンがWebView2コントロールを利用して、ネイティブアプリケーションにさまざまなWebコンテンツを埋め込むことを以前に発表しました。以下は、マイクロソフトの関係者からの声明です。

「Microsoft365Appsは、Microsoft EdgeWebView2に依存する新機能または改善された機能の提供を開始しています。WebView2ランタイムは2021年3月8日からインストールされます。Windowsを実行していてバージョン2101以降のMicrosoft365Appsがインストールされているデバイスのみがインストールされます。影響を受けました。」

つまり、将来MS 365アプリケーションを使用するには、ユーザーのマシンにWindows WebView 2ランタイムが必要であり、このランタイムは今年3月8日にインストールされる予定です。

ただし、3月14日から、同社はユーザーへの通知を生成せずに、新しいMS Edge WebView2ランタイムをWindows10コンピューターに自動的にインストールし始めました。

インストールも、WindowsのイベントログからMsOfficeで確認できます。

技術大手企業は当初、WebView2ランタイムがMs365バージョン2101を実行しているWindowsマシンにインストールされることを発表しましたが、レポートには、ランタイムがMs Office Professional2019や2016年。