Shadow

Ubuntuコア20がリリースされ、いくつかのセキュリティアップデートと機能が改善されました

ご存知のように、Unbuntu 21.04「HirsuteHippo」は2021年4月22日にリリースされる予定です。一方、このOSの背後にある会社であるCanonicalは、Ubuntu Core20をIoTユーザーが利用できるようにしました。

Ubuntu Core 20は、ubuntu20.04「FocalFossa」LTSのコンテナ化されたバージョンです。セキュアブート、フルディスク暗号化、セキュアデバイスリカバリなどの機能を提供することで、Linux forIOTを保護します。

これは、従来使用されていたDebianパッケージシステムではなく、Snapと呼ばれるユニバーサルパッケージ管理システムに基づいています。 Ubuntu Coreデバイスのすべてのスナップは、セキュリティを強化するために厳密に制限および分離されています。

最新のUbuntuCore 20は、複数のセキュリティアップデートと機能の改善をもたらします。インスタンスとして、プライバシーを保護し、物理的な攻撃から機密を保証する、バックアップされたフルディスク暗号化を備えたセキュアブートがデフォルトで追加されます。

その他の機能強化には、新しいリカバリおよび再インストールモード、ラズベリーPiのサポート、初期MAASおよびcloud-initのサポート、リカバリモードのメニューとチューザーが含まれます。

Ubuntuコアの詳細については、2021年2月24日に予定されているウェビナーから入手できます。Ubuntuコアの登録は現在進行中です。